小説

「まずはこの一冊から」読みやすいお薦め本にをつけました。

泥棒日記 ジャン・ジュネ 新潮文庫
サルトルを驚愕させ、コクトーをひざまずかせた泥棒作家の自伝。

北回帰線 ヘンリー・ミラー 新潮文庫
あふれるイメージと詩的な言葉で描かれた聖と俗の宇宙。

マルドロールの歌 ロートレアモン伯爵 福武文庫
野獣のごとき言葉で綴られた極北の反文学。

世界の果てまで連れてって サンドラール 福武文庫
禁断のエロスを荒々しく書き殴った狂気の書。

夜の果ての旅 セリーヌ 中公文庫
世界の欺瞞を暴く呪詛に満ちたロードノベル。

黒い本 ローレンス・ダレル 中公文庫
ヘンリー・ミラーに発見された言葉の魔術師。

アメリカの鱒釣り リチャード・ブローディガン 昌文社
クールな哀愁が立ちのぼるファンタジー文学の最高峰。

チャンピオンたちの朝食 カート・ヴォネガット ・ジュニア 早川書房
アメリカン・アイロニーに満ちた傑作。

裸のランチ ウイリアム・バロウズ 河出書房新社
妻を撃ち殺したジャンキー作家の処女作。

重力の虹 トーマス・ピンチョン

国書刊行会

現代アメリカ文学の頂上を極めた名作。

残酷行為博覧会 J・G・バラード 工作舎
「クラッシュ」などで知られるバラードの最高傑作。

アルケミスト P・コエーリョ 角川文庫
世界的ベストセラー作家コエーリョの代表作。

ヴァリス フィリップ・K・ディック 創元推理文庫
情報宇宙を先取りした予言の書。

ニューロマンサー ウィリアム・ギブスン ハヤカワ文庫
サイバーパンク文学の歴史的一冊。

ユリシーズ ジェイムズ・ジョイス 河出書房新社
20世紀文学の到達点。

不思議の国のアリス ルイス・キャロル 講談社文庫
時代を超えて愛されるトランス文学の傑作。

ガリバー旅行記 ジョナサン・スイフト  
普遍の解釈を許す永遠の奇書。

ツァラトストラかく語りき ニーチェ 新潮文庫
ハマるとげらげら笑える哲学書。

アルクトゥルズへの旅 デイヴィッド・リンゼイ
荒俣宏訳
国書刊行会
無意識に訴えかけてくる狂気のSF。

ぼくは始祖鳥になりたい 宮内勝典 集英社
20年の歳月をかけ、巨大な宇宙を内包した傑作。

霧の中 佐川一政 彩流社
パリ人肉殺人事件を本人が描いた最高傑作の奇書。


稲荷町図書館HOME