music contents

最新ライブ情報
★最新アルバム「家族」試聴
ライブ動画
1.「祈りの歌」@新宿ルイード2008.6/7
2.「祝福の歌」@新宿ルイード2008.6/7
3.「家族」@新宿ルイード2008.6/7
4.「だいじょうぶマイフレンド」@新宿ルイード2008.6/7
5.「背中」@渋谷uplink x 2008.3/8
6.「たったひとつの命」@渋谷uplink x 2008.3/8
7.「家族」@渋谷uplink x 2008.3/8
全CD&DVDリスト
AKIRAライブの作り方
全100曲歌詞集(ギターコードつき)


「家族」for sale

購入希望者はCDタイトル/数/住所/氏名/電話番号を明記の上、メール(AKIRA宛)してください。
こちらから商品と郵便振込先を送ります。
商品が届きましたら2500円(税込み)+200円(送料は3枚でも200円です)を一週間以内に郵便局に振り込んでください。振込手数料はそちらでご負担してください。
「親に送りたい」「友人に送りたい」という人が多いので、「代理店制度」というのを設けました。5枚まとめて注文してくれた方は2500X5=12500円のところを1万円になります。5枚で2500円(1枚500円)の利益が出ます。
海外の方も送料400〜500円でお送りしてます。現地通貨での支払い方法はメールで。


 最新アルバムついに発売!
「家族」(CD)

1 家族
2 Walking in the rain
3 たったひとつの命
4 背中
5 幸せのアリカ
6 愛のカタチ
7 Dancing BUDDHA
8 シャンティー
9 絆(きずな)
10 Life is beautiful
11 今日は死ぬのにもってこいの日だ

全歌詞集
試聴

AKIRA solo Album
AKIRA : 作詞 作曲  歌
TORU:プロデュース 編曲
2008年6月18日リリース
全11曲 56分
2500円(税込み)+200円(送料)

解説
1. 家族
われわれの時代が失ったものをとりもどすときがきた。身近すぎて目を背けてきた家族の愛に気づくには勇気がいる。大切な絆を断ち切ったのも君なら、もう一度結びなおすことができるも君しかいない。「ありがとう」と恥ずかしくて言えないのなら、この歌を聞かせてあげよう。きっと親も君と同じ気持ちなんだ。君を愛したくて、君から愛されたくて、たまらないんだよ。この歌を聴けば君が変わる、家族が変わる、世界が変わる、時代が変わる。

2.Walking in the rain
どしゃ降りの雨に打たれながら、書いた歌。「世界中の悲しみなんて僕には背負えないから、ただ君のまつげがぬれないように祈る」。もし世界を変えたいのなら、革命や政治運動なんかやらなくていい。となりの人に笑顔をむける。それこそが世界を変える唯一の方法だ。地球を救うより、愛する人を救え!

3.たったひとつの命
亡くなった父にむけて書いた歌だが、去っていった恋人に贈る歌でもある。大切な人を失ってはじめて、人は本当の愛に気づくんだ。どんな無様な毎日を送っていようと、君のままでいい。何度生まれ変わろうと、君が君であるのは今回限りだ。世界でたったひとつのかけがいのない命なんだ。

4.背中
ニューヨークで父の急死を知ったとき、帰国の飛行機のなかで書いた詩(「神の肉テオナナカトル」P276)がもとになっている。親との葛藤は誰しもが抱えているだろう。しかしその葛藤から学ぶために、オレたちは自分の両親を選んで生まれてきたんだ。親が子を選ぶのではなく、子が親を選ぶ。親を許すことは、とりもなおさず自分を許すことだから。

5.幸せのアリカ
幸せの青い鳥を求めて、オレは70カ国を旅してきた。しかし青い鳥はずっとオレの胸の中にいたことに気づいたとき、この歌が降ってきた。「幸せになる」のではなく、「幸せだったことに気づく」とき、君は本当の君自身に出会うだろう。青い鳥の名は「愛」、または「神様」、「ハイヤーセルフ」とか、「グレーターセルフ」と呼んでもいい。とにかくずっと君だけを見守り、導いてきたもうひとりの君自身だ。

6.愛のカタチ
大切なものはカタチがない。風や光、やさしさや勇気、なかでももっとも大切な愛も見えない。しかしじつは愛のカタチがあるんです。それは……君だ。すべての命が愛のカタチだと気づいたとき、世界はまばゆいほどの輝きをもって立ち現れてくる。

7.Dancing BUDDHA
仏教史3000年をひっくり返すほど危険な歌であり、じつはブッダ本人が伝えたかった本質はこの歌に凝縮されている。歌詞を読めば読むほど、その奥深さに引きずり込まれるだろう。君もブッダであり、時代を愛によって産み落とすのも君なんだ。

8.シャンティー
ヒンドゥー語で「シャンティー」とは、平和なとか、静かな意味。死後の世界を発見したエリザベス・キューブラー・ロス博士(「死ぬ瞬間」)が末期がん患者のために開いたホスピスが「シャンティー・ニラヤ」(安らかな家)という。一見ラブソングにも聞こえるが、ぼくらが最後に帰る家はあの世の光の世界である。

9.絆(きずな)
身近な人が亡くなるのは大きな悲しみである。しかし死者の本当に伝えたかったメッセージをいつまでも悲しみに酔って聞き逃してはならない。彼らが命までかけて教えてくれたものは、「分かち合うこと、助け合うこと、愛し合うこと」だから。家族や友人を亡くした人のためにつくった歌であり、この歌を聴いてたくさんの人が悲しみから抜け出すのを見てきた。だいじょうぶ、死者はいつでもそばにいて愛する生者を守ってくれる。

10.Life is beautiful
母は足を引きずって歩き、父の暴力に別居し、祖父を介護し、ガンが胃、脳、肺に転移して死んだ。苦労の耐えない人生だったが、「それでも生きることは美しいんだよ、思い通りにならないからこそ、この世界は生きるに値するんだよ」。オレが母から教わった究極の学びがこの歌だ。

11.今日は死ぬのにもってこいの日だ
アメリカに住んだ5年間でインディアンのところばかりいっていた。さまざまな長老たちがいろんな知恵を授けてくれた。今度はその知恵をオレがみんなと分かち合う番だ。「おまえが生まれるとき、世界は笑い、おまえは泣く。おまえが死ぬとき、世界は泣き、おまえは笑う」。そうしてオレたちはくりかえし生まれ変わり、もがき苦しみながらも命の意味を学んでいく。

for sale
「家族」以外のCDは2000円です。
購入希望者はCDタイトル/数/住所/氏名/電話番号を明記の上、メール(AKIRA宛)してください。
こちらから商品と郵便振込先を送ります。
商品が届きましたら2000円(+送料200円)を一週間以内に郵便局に振り込んでください。振込手数料はそちらでご負担してください。
海外の方も送料400〜500円でお送りしてます。現地通貨での支払い方法はメールで。
※詳しくは通信販売ページ
1 雲のうえはいつも晴れだから
2 マーマレードスカイ
3 愛を知らない子どもたち
4 祝福の歌
5 Beyond the border
6 レラ
7 終わらないキスをしよう
8 老人と星
9 Traveling man
10 Hello my mom !

全歌詞集
感想集
「alone 3」
AKIRA solo Album
AKIRA : 作詞 作曲  歌
2007年6月リリース
全10曲 56分
2000円(税込み)+200円(送料)
解説
 今回はオーストラリアの旅でつくった6つの新曲を中心に、さらに広がり、やさしくなったAKIRAワールドを堪能できます。録音器材の購入により、音質も高まり、コーラスやキーボードなど、ひとり難役もこなしています。バリエーション豊かな楽曲がまるで絵本をひもとくように並んでいます。

1 雲のうえはいつも晴れだから
 心の天気はめまぐるしく変わる。でも雲のうえにはきみの知らないもうひとりのきみが住んでいて、ずっとずっときみを見守っているんだ。それを人は、神、魂、ハイヤーセルフ(高次の存在)、マスター(賢者)などと呼ぶけど、オレはもうひとりのきみ自身だと思う。自分を信じること。それはちっぽけな自我じゃなく、無限の宇宙を永久に旅しつづけるもうひとりのきみ自身を信じるってことだ。

2 マーマレードスカイ
 広島の原爆を歌った曲だが、60年の時を経て現在に至る心の変遷や生活までをもとりこむ壮大な視野が、せつない再会の物語として描かれている。ヒロシマの今を歌った曲は世界でもこの歌しかないだろう。

3 愛を知らない子どもたち
 誰の心のなかにも孤独な少年少女がすんでいて、オレたちはその子たちをおきざることによって大人と呼ばれる人種の一員になった。ひきこもりや心の病の爆発的な増大は、彼らの声なき叫びだと思う。謙虚に耳を澄まし、彼らの声を聞くところから本当の救済ははじまる。

4 祝福の歌
 きみ自身のすばらしさに気づいてほしい。
 なぜなら「すべての命は祝福されて、この世界に在る」から。
 きみがきみ自身のすばらしさに気づいてくれるまで、オレはどんなにハードな状況でも、命をけずってでも、きみにむかって歌いつづけるよ。

5 Beyond the border
 社会や国家や教育やきみ自身がつくりだした集団幻想「ボーダー」によって、オレたちは鉄条網の世界に閉じこめられている。「はじめの一歩」を踏みだすのは誰だって怖い。でもボーダーのむこうに光が見えたなら、勇気をだしてそのボーダーを踏み越えてごらん。そこにはまだ見ぬ世界と新しい仲間たちが待っているはずだ。

6 レラ
 オレにとって魂の母であり、たくさんの孤児たちを引き取って育てたアシリ・レラ(山道康子)さんに捧げた曲だ。アイヌ民族の深い知恵と大地のように広大なやさしさをきみに伝えたい。

7 終わらないキスをしよう
 ラテンパーカッションのリズムにのせ、ユーモラスな詩が歌われている。世界が滅びようと、人類が身投げしようと、「永遠の今に生きる」。さあ目を閉じて、心開いて、終わらないキスをしよう!

8 老人と星
 完璧な計画や高い理想だけを語ってなにもしないより、ささやかな笑顔ひとつで世界は変わっていく。大切なのは結果じゃなく、プロセスなんだ。まるでおとぎ話のようにヒトデを海に返しつづける老人の物語がきみを変える。

9 Traveling man
 オレの19歳から29歳までの旅を描いた自伝的大作。ロードムービーでも見るようにさまざまな世界が展開され、きみを旅立たせる。

10 Hello my mom !
 お母さんのお腹にいるときのことをおぼえているかな?
 赤ちゃんの無意識にまで踏みこんでいった歌は世界でもこの曲だけだろう。やさしいスローバラードで、子守歌のように聞ける。友人が母の誕生日にこの曲を贈ったけど、世界中のお母さんや子どもたちに聞いてほしいな。オレは5歳で母に捨てられたけど、今では母の愛情に心から感謝している。
 ママに会えてよかった
 ママの子供でよかった
 Hello Hello my mom !
 ありがとう

あの「祈りの歌」を収めた
「alone 2」(CD)
1 青空のむこう
2 だいじょうぶマイフレンド
3 fragile
4 alone
5 ムーンタイム
6 ベスト
7 マヨネーズと電話帳
8 Eternal Soul
9 祈りの歌
10 天使のkiss
全歌詞集
感想集
「alone 2」
AKIRA solo Album
AKIRA : 作詞 作曲  歌
2006年10月リリース
全10曲 51分
2000円(税込み)+200円(送料)
ONSENSベストアルバム
「ぬちどう宝」(CD)
1,ぬちどう宝(新曲)
2,旅立ちの歌(「100億光年の孤独」)
3,Born to love(「キラキラレコード・オムニバス」)
4,心がくしゃみをした朝(新アレンジ)
5,Be here now (「キラキラレコード・オムニバス)
6,ミタクオヤシン(新アレンジ)
7,なんくるないさ(新曲)
8,Reincarnation(「もしもぼくが死んだら」)
9,リストカッター(「100億光年の孤独」)
10,旅立ちの歌(新アレンジ)
全歌詞集
CD感想集
沖縄ライブ感想集
「ぬちどう宝」
AKIRA
ONSENS BESTAlbum
AKIRA : 作詞 作曲 歌
TAKE : 編曲 演奏 録音
2006年5月リリース
全10曲  49分
2000円(税込み)+200円(送料)
 まだONSENSを聴いたことがないという初心者はまずこのアルバムからお勧めします。
 ONSENSを聴きつくしたというヘビーユーザーにも絶対聴き逃せない一枚です。
 1、「ぬちどう宝」は、「命こそが宝」であり、それだけが人類共通の法律として守っていくものだという未来を指し示している大作です。
 2、「旅立ちの歌」は、AKIRAのライフワークともいえる代表曲です。「オレが歌や文章で創作をつづけるのは、ひとりでも多くの人を旅立たせたいからだ」とくりかえし言うように、すべてを旅から学んできたAKIRAのすべてが凝縮されています。「さあ、出発だ」と叫びたくなる元気バージョンと、外国のビーチで空を見あげながら聴きたくなるしっとりバージョンが2曲収録されています。
 3、ONSENSを代表する最名曲「Born to love」じゃ、キラキラレコードのオムニバスCDにしか収録されていなくて、「alone」のAKIRA弾き語りバージョンしか聴けませんでした。それが壮大なフルアレンジで聴けます。
 4、DVDでAKIRA弾き語りバージョンしか聴けなかった「心がくしゃみをした朝」もフルアレンジの決定版です。ライブで圧倒的な人気があり、「早くCDにしてください」とリクエストの多かった曲だけに、思い入れもひとしおです。
 5、「Be here now」は、今に生きるという哲学を凝縮した作品です。
 6、「alone」でもっとも人気の高かった「ミタクオヤシン」(ラコタ族の言葉で「わたしとつながるすべてのものへ」)は、TAKEの流麗なギターにのせた新アレンジで、聴き応え充分です。「ひとりぼっちじゃないと君のために歌うから」という詩をゆっくり噛みしめてください。
 7、 「なんくるないさ」 はウチナーグチ(沖縄方言)でもっとも心休まる言葉です。どんなつらいときでも、どんな孤独のなかでも、おばあがしわくちゃの笑顔で「なんくるないさ(なんてことないさ)」と言ってくれるような、むっちゃ楽しい応援歌です。この絶妙のアレンジこそ「TAKEマジック」と呼ばれる魔法です。
 8、5年まえに録音されたファーストアルバムからもっとも人気のあった「Reincarnation」(輪廻)は、ヘビーローテーションでこの曲ばかり聞きかえすユーザーも多く、「限りなく限りなく還りゆけ還りゆけ」と歌われる詩は「宇宙の流れのなかで、自分の位置を知っている者は、死を少しも恐れない」(中沢新一)という言葉がよみがえります。
 9、16秒にひとりが自殺していく現代において「リストカッター」と「ぬちどう宝」は対極の視点から生を見つめた双子です。「ぬちどう宝」が歴史をも呑みこんだ巨大な「望遠鏡」だとしたら、「リストカッター」はひとりの少女から見た「顕微鏡」の視点です。「変えがたく世界はあって」、時代に翻弄されながらも必死で生の意味をつかみ取ろうとする崖っぷちからの叫びです。
 
 いずれの曲も大吟醸のように選び抜かれた珠玉の名曲ばかり。
 ONSENSがみんなに支えられて歩んできた5年間が凝縮され、全国から呼ばれる現在につながり、ますます大きくなっていく未来へつづく記念碑です。

alone(CD)
1 Born to love
2 Unconditional love
3 Beautiful
4 旅立ちの歌
5 落涙
6 リストカッター
7 流し雛
8 テオナナカトル
9 ミタクオヤシン
10Happy birthday

※全歌詞集

「alone」
AKIRA
Solo Album
AKIRA : 作詞 作曲 編曲 歌
2005年12月25日リリース
全10曲  51分
2000円(税込み)+200円(送料)

全曲AKIRAの弾き語りによるソロアルバムです。今回はラブソングを中心に構成され、テーマはズバリ「愛」。丹念に歌いこまれた生の声と深層意識までも包みこむ歌詞にかなり癒されます。

1,「ぼくらはなんのために生まれてきたんだろう?」という究極の問いに答えた「Born to love」。
2, 「君のルールブックから愛の定義を書き換えろ」とせまる最新曲「Unconditional love(無条件の愛)」。
3, 「君がただ在るだけで美しい」と存在を全肯定する「Beautiful」。
4, スローバラードでゆったりと流れる「旅立ちの歌」。
5,凝縮された大和言葉で「君恋し」と歌いあげられる「落涙」。
6, ひとつひとつの言葉をかみしめるように命の痛みをえぐる「リストカッター」。
7, なんと中学3年の時につくった曲でヤマハのポピュラーソングコンテストを勝ち抜き、レコーディングの話を持ちかけられた「流し雛」。
8, メキシコ・マサテク族の「神の肉」と呼ばれるマジックマッシュルームの幻覚世界を描いた「テオナナカトル」。
9, 北米インディアンのリーダー・デニスバンクスの言葉をもとに、誰も「ひとりぼっちじゃない」というつながりを歌った「ミタクオヤシン(私とつながるすべてのものへ)」。
10, すべての命の誕生日を祝う「Happy birthday」。
感想集