札幌&アイヌモシリ・ライブ感想集

2005年8月17日(水)あけぼの小学校音楽室ライブ・レポート
2005年8月19日(金)アイヌモシリ1万年祭ライブ・レポート
ジャーヒロさんによる札幌ライブの写真集
※敬称は省略させていただきます。

※日本レゲエ界の重鎮ジャー・ヒロさんによる感動ライブレポートが「HIMALAYA BOOKS」(右下にあります)についにアップされました!
 ここまで深い理解と、ここまで広い視野で、我々の音楽を言葉にしてくれたものはありません。
 ぜひぜひご一読を!
ヨーコの写真レポート
日光〜札幌
札幌〜1万年祭
ヨーコの感想
トモ(企画)
 総合プロデュース・トモのライブ日記 & アイヌモシリ写真

やばいよ、やばいよ。
かっこよくなりすぎじゃね?ONSENSの音。
こんなにいいとは思ってなかった。
っていまさらかい!!
 今年の夏のアイドル・ハルカの日記には札幌ライブをとおして出会った人たちによって、ひきこもりや自殺未遂から立ちあがり大きく成長してゆく過程がみごとな文章で描かれている。

※「天の邪鬼日記」に書いた「ハルカ物語」
壁紙を変えろ
夏は冒険の季節
MOVE! MOVE! MOVE!
ハルカ到着
「努力」名づけた瞬間に、君は死ぬ
夏の魔法
ハルカから教えられたこと
匿名
東京からJRを10回乗り継いで24時間かけて、ようやくようやく辿り着いた北海道。
ONSENS友達のアキコさんと札幌駅で合流して、ライブ会場となる小学校の音楽室へと続く階段を昇ると、ソコにはそう、ピカピカに輝く暑い暑い季節への扉が、こんにちわしてたよ。
アキラさんの挨拶の後、タケちゃんの激しくかき鳴らされるギターの音が響く。
“今日のライブに来てくれて本当にありがとう。「wake up」さあ、各自の目
覚めを始めよう”
なんて宣言するような曲『Be here now』でライブは幕を上げる。
ずしりと胸に響く『背中』に続いて、何だかドキドキしちゃう『インラケチ』!
嬉しさがじわーって広がる『Beautiful』!
誰かを何かを恋焦がれる想いがきゅうきゅうする『落涙』!
しみるしみる、でも「そうね」って思える『リストカッター』!
とっしり穏やかな心持になるよ『レインカネーション』!
人は、そう人は何度生まれ変わっても、大事な人とは必ず出会えるんだよね?
もし、もしソレが本当なら、出来れば出来ればでイイから、そう出来れば出来ればでイイから、
私は何度生まれ変わってもその度に、ONSENSに会いたいよ?
そして始まるヤオさんとリエちゃんのスーパーセッション!!
時々チラリとリエちゃんの方を見守りながら父性で力強くリードするヤオさん。
懸命についてゆくリエちゃん。師弟関係のようであり、兄弟のようでもあり、
親鴨とその親鴨に全信頼を捧げて後ろをついてゆく子鴨のようにも見える。
強烈な音の振動に、思考とか全部吹っ飛んで体が勝手にキャーッって動いちゃう!!
イエイエイエイエ!!!
でもせっかく体温がカーッって上がった私を『war』の叫びがえぐるえぐる。
見たくない事、見ないようにしてた事、直視させられる感じ。イヤだイヤだよ。
・・・こんな歌聴かせないで!!
一瞬だけ本気で腹がたちそうになったけど、曲の最後で突如挿入されたヤオさんのドラムで正気に戻る。
そして一転、愛にしみじみする『Born to love』が続く。
そしてそして胸を妖しくドコドコ震わせる『be yourself』!
・・・そう言えば歌の始まる直前に、アキラさんがみんなに言い聞かせるように“唱えた”んだ。
「自分自身に、戻りなさい」
って。
そうして『旅立ちの歌』とアンコールの『今日は死ぬのにもってこいの日だ』が始まるんだけどでも、
その辺りの事はもうあんまり覚えていない。だって窓が締め切られてた音楽室は、風が全然はいらなくて空気が動かなくて、だからちょっと酸欠状態ぽかったし、あんまり暑くて暑くてサウナ風呂みたいで、だからちょっとボ〜ッとしちゃってたし。
太陽色のライトがくるくる躍るステージに引っ張られながら、小っちゃい頃みたいに体全部を使って歌ったり踊ったり、はしゃいでたような気はする。
でも、ホントに何故だかその辺だけ、全然覚えてないんだ。そして『Happy birthday』!
アキラさんがみんなにまた言葉を“贈った”よ。
「君達の誕生日を祝いましょう」って!
そう
だからハッピーバースデイ!!生まれて、おめでとう!!生まれ変わって、おめでとう!!!
ハッピーバースデイ!ハッピーバースデイ!
私におめでとう!お客さんみんなにおめでとう!そしてonsensにおめでとう!!
みんなみんなが、歌うよ!アキラさんが子供のようにウキウキとはしゃぎながら歌うよ!
タケちゃんも感極まった様子でぐしぐし泣きながら歌うよ!
リュウさんも優しく小さい微笑みを浮かべながら歌うよ!
ヤオさんもリエちゃんもお客さんもみんな歌うよ!ハッピーバースデイ!
ああ、ハッピーハッピーバースデイ!!
ホントにホントにホントに
おめでとう!!!!
ハッピーハッピーハッピーバースデイ!!ハッピ―ハッピ―ハッピー!!バースデイ!!
わーいわーいわーい!!そんな大大大大大大合唱と大大大大大大拍手の中、ライブは大終了。
興奮も覚めやらぬサイン会でアキラさんに「メールした者です!頑張ってココまで来ました!」って伝えると、
アキラさんは沢山のコトバは言わずにただ「お〜よく来たね〜ありがとう〜」ってハグしてくれて、
私はもうソレだけで来た甲斐あったなぁ。なんて泣きそうになりながら。そして、そしてね、単なるお客さんで来た私なのに、
その夜はスタッフさんの家で隣の人とほっぺがくっつく位ぎゅうぎゅう詰めの状態で雑魚寝させてもらって、
翌日は川も森もあって、すれ違うと「こんにちは」って声をかけてくれるようなステキな人がいっぱいいて、
犬と子供が泥だらけで走り回ってたアイヌモシリ会場に行く車にも乗せてもらって。
しかも初対面の私にもスタッフのみんなは前から知り合いだったように沢山沢山笑いかけてくれて、
ソレが本当に嬉しくて私も沢山沢山笑って。
ソレに、ソレにね、私は残念ながらアイヌモシリライブを見ずに帰らなきゃいけなかったんだけど、
テント村でね、リュウさんとリエちゃんとスタッフの人達が、しとしと雨音を伴奏に、お鍋や食器を楽器に見たてた
とってもとってもささやかな音楽会を催したんだ。誰かが歌も歌ったんだよ。
雨は冷たかったけど、そのオーケストラは胸がじんわりするような温かさで。
ソレが聴けたから、ソレが本当に本当にステキだったから、「もう帰ろう」って素直な気持ちで会場を後に出来たんだ。
こんなに沢山のキラキラした事が溢れてた、
最高に忘れたくない夏って今までの人生の中で、あったかなぁ。なんて考えながら。

東京に戻って、アキコさんと「ライブ凄かったね!」なんて夜お茶していると、
突然いつものネガティブな感情が吹き出す。
「そう言えば私“生まれ変わりたい!”とか言ってたけど、わざわざ北海道行った割には何か変われたとか別にない気がする・・・」
アキコさんは焦りながら言う「でもアナタは北海道まで行けたじゃない? 頑張ったじゃない?
ソレにライブは、旅は、とってもとっても楽しかったんでしょ? じゃあ、もうソレで十分なんじゃない?」
うん、うん・・・そう私、北海道まで行ったんだ。1人で電車乗り継いで、1人で知らない土地に行ったんだ。
もちろん怖かったよ。不安だったよ。でも頑張ったんだ。ONSENSに逢う為に、頑張れたんだ。
その頑張りようは今までの事を思えば『自分、意外とやるじゃん』って、ちょっとビックリする位の事なんだ。
ソレにライブは本当に本当に楽しかったし、旅の間にはステキな人に沢山出会えたし、ステキな事が沢山あった。
だからそういう全てに出会う機会をくれたONSENSに、今はただ『ありがとう』って、思うよ。
新しい自分と、楽しいライブと、素晴らしい旅。いっぱいいっぱい、ありがとうって・・・。
うん・・・そう考えると確かに生まれ変わるとか、そんな事はどうでもイイ事なのかも知れないね・・・。
そう伝えるとアキコさんはにっこり笑って「前より少しだけ何かに誰かにありがとうって思えたり、前より少しだけ自分の事好きになれたら、
ひょっとしてソレがONSENSの言う・・・ “生まれ変わる”って事なのかも知
れないね?」
なんて言いながら、テーブルの向こう側から小声で『Happy birthday』を歌ってくれて、
その優しい優しい歌声があんまりあんまり嬉しくて、私はまた泣きそうになる。
窓の外にはサーモンピンクと薄いブルーの空が美しいグラデーションを重ねる。
丁度運ばれてきた2杯目のジンジャエールも、炭酸をパチパチパチパチパチパチパチパチ鳴らして一緒に、
『おめでとう』って歌ってくれました。
エリ(企画)
札幌ライブの計画が浮上したのは今年の五月頃。
初めは友恵と「札幌でもライブやりたいね〜、ていうか見たい!」などと半分冗談でいっていたのが、「札幌ライブ開催!」とakiramaniaに載ることによって、あとへはひけない状況に。
ほ〜んとakiraさんは人をのせるのがうまい。
確信犯か!?
その時点では「まだ3ヶ月もあるよね〜」などと呑気に構えていたのが、その日がせまるにつれて焦りだし、ジャーさんにはお尻を叩かれ、いえ叩いて頂き、時には互いにぶつかりながら、でも「あの音楽室でONSENSのライブが見たい!」の一心で仲間とともに頑張れたと思う。
日光から遠く離れた北海道で、どれくらいお客さんが入ってくれるのか不安で不安で仕方なかったけど、そんな時チケットを買ってくれた友人や、本州から来てくれたONSENSファンのみんなには言葉で表せないほどに感謝している。
本当にみんなありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。
ONSENSの音楽を生で感じることはもちろんだけど、お客さんのこの笑顔を見るためにこれまで頑張ってきたんだな、と思ったし、この笑顔のためだったら、今まで大変だと感じたことなんて大したことじゃないって思った。
それ程みんないい笑顔をしてたし、会場の雰囲気もよかったし(灼熱地獄も含めてね)、こんなライブを創り出せるONSENSはスゴイ!
このライブに関われたことをほんと誇りに思うし、すごく幸せ。
そしてまた日常に戻り、でも一度味わった感動は色褪せることなくずっと心の中に残り続け、平坦で退屈な日常を色づけてくれる。
ジャーP
こんにちは。札幌ライブうまくいったそうで、こちらとしても嬉しい限りです。
ヒロさんなんて、ボブ・マーリー以来の興奮を感じているらしいですよ。
たえ
アイヌ一万年祭であった
かえる女子 たえ(妙)ですぅ〜〜☆
覚えてますかぁ〜〜??^〜^@@@

初めてあったのに温かく迎えてくれてありがとうぅございます@本当にうれしかったですx〜^^@@一緒にすごせてほ〜〜んとにたのしかったでふぅ☆
ライヴも初めてみたのですが感動しましたぁ!!@@てか衝撃でしたぁ==汗麦!!@@
あの電気の写真も送りたいです^〜^@@
福岡くるの楽しみにてますぅ〜‘@
かえる(ゆがり)もってまってますぅ〜〜〜@@@
RIE NAKAJIMA
先日、札幌にて熱いライブに参加させて頂いた者です。
素晴らしかったです。本とに。
田口ランディさんの本が元々好きで、アキラさんを知り、
こちらのプログを勝手に覗いては、勝手に励まされ、
で、いつもアキラさんの詩には特にアツイもの感じていたので、
生声で、直で、しかも完璧なバンド付きで、そらぁ感動でした!!
アキラさん、ありがとう。
とても、とっても魂が熱くなりました。
私から16年狂おしいほどに大好きなB’z(歌手)とお酒をとったら、
思い出しか残らない、と思っていた同伴した友もさすがに驚いておりました(笑
ライブ後の私の意識不明ぶりに(笑生きていると、本とに色々あって、生きているからこそ、色々感じられます。
当たり前に自分の事嫌になります。葛藤の連続ですね。
でも、私に関わる全ての人に生かされていて、幸せ感じます。

地元ではないこの札幌に間違って生活しているこの現状で、
生・アキラさんに出会えて本とに嬉しかった!
サイン頂いた歌詞集、大事にしています。
感謝の気持ちを込めて、札幌より〜ラブ☆
フェリーでたまたま入った2等船室がONSENSキャラバンの巣!!!?、
添乗員までも 巻き込んで巻き込まれ、YAOさんとシンヤと見た朝日で、今回の旅がもう、えれえ事になる事はもうわかってたね!!!啓示やったな。
熱すぎたONSENS札幌LIVE、まさか現代音楽にはまっちゃってる自分がONSENSで踊るとは思わなんだ…Tranceを超えたTrans トランスパーソナルポップ、、ってまさに。。これは今ONSENS達にしかないものだと思う。
「わたしたち」それにYAOさん&りえちゃんにはもうべた惚れよね♪
横浜にYAOさんの参加してるバンドdachanbo、下北沢にりえちゃんが参加してるバンドmopsy flopsy。を足軽兵な私はついつい行っちゃった、来ちゃった。。
逆の位置関係にいるバンドだと思うんだけど、そこで出してるグルーブがONSENSの時にはすごい溶け合ってて、聴いてるとにやけてきちゃうの。
あぁやっぱ気持ち悪いな自分。狂気を隠すな!愛しのウイリアム・バロウズ
そ、そうだね…わーきゃーすたこらてんてんてん…
てことで正直、その両バンドよりONSENSで出してた音の方が好きだなぁ。。
ほんとこのメンバーでの高知ライブでも見たい、
アイヌモシリ1万年祭、ついに自然と共振しちゃってる事を眼に見せた雨降らしちゃったしね!、
アシリレラさんいわく「年々、息子が力つけてきちゃって大変だぁ」
それでも晴らしちゃうんだもんなぁ〜
「失礼ぶっこきました」あぁほんと話がいっぱい聞けてよかった
いつもやめようかなって悩むけど、なかなか行ってよかったって思う旅はないけど、ほとんどしゃべらなくても、来てよかったってそう思った。
参加させてくれてありがとう、参加してありがとう自分。
彼らがこんなすばらしい過程を持ってるなんて…肌にぎゃしゃぐしゃ来た。
電子JAH.JOURNALより転載)

モシリがねー楽し過ぎていまだに反芻の日々。
ライブ会場の物販スペースからONSENS Tシャツをパクったら
もの凄い形相で追い掛けてきたミッチーの事。

ライブの搬出中、ややあって会場管理のおっさんに怒られてるのに
その状況の中、何故かやけに嬉しそうにしてたアボジの事。

久々に逢ってハグのまま押し倒してくれた上に「イワセユウコ賞」とかの
すげー嬉しい手作りの表彰状をくれたタケちゃんの事。

通常の20倍の辛さのスープカレーを喰ってたヤオさんの事。

しかも一口もらったソレは辛すぎて逆に清々しい味だった事。

ヤオさんにシャレで「付き合おう」とか言われて素で困った顔する
リエちゃんの事。

リュウに(偶然)全裸をのぞかれたお風呂場のミホちゃんが手を
胸の前でクロスにしてしゃがみながら「キャー」とか言ったらしい事。

その後リュウが「ヤバい今日夢精しそう」とか言ってた事。

バイク旅の初日にバイク大破させときながら最終的には「よさこい」に
参加しつつ、しかもちゃんと札幌ライブに間に合ってるナホちゃんの事。

焚き火を普通に自力で起こして、しかもMYナタまで持ってきていた
元ボーイススカウトで「魂」って書いてあるTシャツ着てただけで
「魂くん」とか呼ばれてたシャーマン見習いのツルくん事。

ハタチ前後のヤングメン達に違和感なくすげー普通に混じって活動してた
42歳の犬先生の事。

大きなツル性の植物の葉っぱを傘代わりにしてたら子供に
「トトロが4人いる」とか言われてた女子4人の事。

しゃべりが親戚のオバチャン風で、しかも自分で髪切ってて、
表彰状もらって感激して泣いてた水色のプリズムのハートをもってる
ミワちゃんの事。

元々イイ顔だったのにモシリにはいってから更に見る事にどんどん
イイ顔になっていった鈴木君の事。

「自分は旅人じゃない」とか言いながら実はアマゾン行ってアヤワスカ
飲んでて「でもその1回しか旅してない」とか言うハードコア旅人で、
しかもフロム福岡で、じゃあ福岡から札幌に直で飛行機で飛べばイイのに
ツアーに参加する為に日光を1回経由してる、どうもとぼけた野郎の
モッちゃんの事。

こっちが「もーそんなにしなくてもいーってば。休めってば」って
恐縮する位気配り者で働き者だった規加ちゃんの事。

相変わらず不器用丸出しのトモの事。

ライブ後の表彰式でイキイキとMCしてたシンヤの事。

メキシコでキノコ喰って部屋と一体化した羨ましい体験をした、
靴をパクられそうになってたジュンイチの事。

ぞうきん掛けレースで優勝したのっぽで帽子の男子の事。

前に日記で私の事を「柔らかいハグをしてくれる人」みたく嬉しい事を
書いてくれた渋谷ライブ以来に逢うヤスの事。

メキシコ帰りの、行動パターンが旅人丸出しだった奴の事。

沢山の事を信じたくて、頑張ってたマユミさんの事。

ようやくリアルに逢えて、ようやくリアルにハグ出来たヨーコさんの事。

そして何か存在がヤケに気になって
「コレやってみ」とか「コレ食べてみ」とか構いたくて仕方なかった
生まれたての可愛いハルカの事。

あとエピソードがちょっと出てこなくて名前が出てきてないみんな、
すまん。
でもホントみんな超ありがとう。
ちょっぴり気狂いで優しいキミらが私はホント大好きです。
「私はONSENSが好きなのもあるけど、ONSENSの周りに集まってくる
奴らが好きだから、そいつらと逢う為にこーゆー事やってんだ」
とか今まで何度も何度も犬先生に言ってたんだけど、今回の旅の後に
「ゆーこの言ってる事が良くわかったよ」
とか言ってくれてソレもすげー嬉しかったです。
みんなみんな大好きだ!!!!
より転載)

リュウ(ベース)
札幌ライブを終えた翌日に二風谷のおくにある、アイヌモシリ一万年祭の会場に入った。
去年に続く2回目の参加。たった一泊しか出来ず、祭りを楽しむことも、皆とゆっくり話すことさえも、満足に出来なかったけど、でもきっとあとで何度でも思い出す記憶になるだろうと、はっきりと思う。
札幌ライブは、自分としては満足できる出来ではなかった。
ソロがグタグタになってしまった。あんなに意気込んで練習してた自分が滑稽で情けない。他にも幾つもミスを犯した。
なんだか言い訳になってしまいそうだけど、会場に魔物が棲んでいるんじゃないかと思う瞬間があった。普段の練習では絶対に間違えないような所で、コードを外す、テンポが微妙にズレる、どんどん焦って、疑心暗鬼になる、またミスる、の悪循環。
唯一、今回、成長できた点を挙げるとすれば、そういう状況から抜け出せたこと。 
ま、メンバーのヘルプがあったればこそなんだけど、(今まではその救いの手にすら縋りつけなった)、ライブ後半は自分でも良かったと思う。
いま、ベースが手許にない。
飛行機で運ぶのも何なので車で行ったキャラバン隊に持ち帰ってきてもらう。今度、日光に取りに行くまで弾けない。それがとても耐え難い。
今までこんな風に思ったことは無かった。今までなら、疲れと満足感(満足できるような出来でないにせよ)とで、しばらくベースを手にしなかった。いまは触れられないことが耐え難い。次の休みが来たら直ぐにでも日光に取りに行こう。
今回のライブでの一番の収穫は、欲望が湧いたことだと思う。
もっと、こんなふうに演りたい、こうやったらもっとよくなる筈、そういうイメージが湧いてきた。可能性と使命感が明確化してきた感じ。
いつまで出来るか分からない(今回のチョンボでクビになるかもしれないし)、どこまで出来るか分からない、でもいま、演りたいスタイルがある。
ただただ、やれるだけやってみたい。
当日、手伝って頂いた皆さん、また会場に来て頂いた皆さん、本当にどうもありがとうございました。
わたくしRyuはまだまだ発展途上、今後の発展の行方をとくとご覧下さい。
事の端日記より転載)
りえ(パーカッション)
ジャーヒロさんの感想転送してくれてありがとうございます。
すごくうれしいです。今回もまたいろんな人と出会えて、
学生最後の夏休みに、最高の思い出ができました。
札幌ライブ本当に楽しかったです!気温も熱かったけど、
それ以上に熱い演奏でした(><) あんなに熱かったのはじめてです。
ONSENSのライブは毎回ですが、最高でした。
行きのフェリーでカバン紛失してしまいましたが、
過ぎてみると、それ以上に大きなものを得たような気がします。
この旅は、一生忘れないと思います。
また、高知や名古屋もよろしくお願いします!!
鈴木(撮影隊長)
映像班ハイビジョンカメラ担当の鈴木です。
正直、一週間過ぎたいまでも北海道での出来事が整理がついてない状態でどんな感想を書いていいか迷っていいる状態です。
今回の北海道での出来事は自分にとって初めてづくしで
フェリーに乗った事
北海道に訪れる事
からだもこころも熱ーいライブに参加した事
アイヌモシリ1万年祭に訪れた事
初めて会ったONSENSファン、スタッフ達
ONSENSの映像班としてライブに参加した事
ハイビジョンでの映像撮影
大人になって怒られたこと
迫力映像を撮影したこと(雑巾がけレース)
大人数キャンプ
ホタテを美味しく食べたこと
などなど
ライブの感想でなくだんだん何を書いているか分からなくなってしまいましたが
とにかくどれもが自分にとって良い経験・体験になったし楽しめたので最高の夏休みになりました。
みんなありがとー
最後に俺は24歳だぞー!!
ひかり
今日はまじで楽しかったよ!自然に体が揺れたし、歌で涙が流れたのも初めてかも。頭では理解できないことも、心の奥では共鳴してたのかなぁって思う。生まれ変わったわぁ〜友恵のおかげ♪ありがと☆明日から、頑張るでもなく手を抜くでもなく、生きてるって実感しながら、みんなに泣いてもらってあたしは笑って死ねるような人生を送っていけたらいいなと思います!以上!おつかれさまでしたー(^O^)/
来年は茨城に住むしちょっと近くなるから、また機会があったらライブ行きます☆
知名度ないから人集まらなかったのは仕方ないかもだけど、全国から1つのものを求めてあんなに人が集まる機会ってそうそうないし、そういう場を作れるのってすごいことだよ!うんトモ、あんたはかっこいいよ!!
大地
出倉いわく『きわどいかっこよさがよかった!』って言ってました 俺もいきたかったさ でも やっぱ一番すごいのは企画した友恵だね!尊敬します
ジュンイチ
出会い力がすっごい密度で内包されてるのを感じる
今回みたいな子宮空間な旅、LIVEってほんと2回はないと思うね
内包っとゆうか、出会いそのもの、ん?ぼ、ぼくはジュンじゃなくて出会い?
参加させてくれてありがとうみんな
今に参加してくれてありがとう自分
うん、狂ってるね いい感じ
もっともっと落ちたい、まだまだ極度にそれが足りないな自分
を発見したよ
ありがとう
美歩
いつかアキラさんが「人生に新幹線は無い」っていってくれたけど、本当、その通り。
フェリー欠航で18切符でさっき名古屋に帰ってきたよ。
いろんな出会いがありすぎて、いろんなことを感じすぎて、頭の中はまだぐちゃぐちゃで誰に何を伝えていいかわからないのだけど。
ただ、今いえることは、みんなに会えてすーごく良かったってこと。
嬉しかったし、勉強させてもらった。
全国から集まってきたメンバーはみんなONSENSが大好きでライブを成功させたくてそれぞれすごく一生懸命動いてるのね。
でもそれってONSENSの為!とか無理に力が入ってる感じじゃなくて、自分が楽しみたいからやってるんでもあって。
自分の為にやってることが人の為にもなって、どんどん嬉しいのとか、楽しいのとか、ワクワクすることとか、広がって繋がっていく感じだった。
それ見てるだけで、わたしは嬉しくて感動して、こうゆうの、素敵だなーって思ってた。
いつもはお客さんとして見てて楽しんでたけど、今回ほんのちょこっとお手伝いさせてもらって、裏で動いてるスタッフの大変さとか、メンバーの大変さとかも知れて、あの大成功ライブでしょ。もぅ本当、言葉がでないよ。みんなみんな、ありがとう、お疲れ様でした。
たくさんたくさん素敵な人たちに会う中で、嫌でも自分の情けないとことか、駄目な部分にも相当出会ったよ。
わたしに出来ることってほんとーに少ないって知った。むしろ出来ないことだらけで人に迷惑かけてばっかで凹んだりもした。
だけどね、それでも手を差し伸べてくれる人がいたし、導いてくれる人がいたよ。
「しょうもない自分をそのまま受け入れろ」ってアキラさんがいってくれた。
ねぇ、何でみんなそんなに優しいんだろ?
何でみんなそんなに素敵なんだろ?
感謝の気持ちが溢れてどうしようもないんだよ。
正直、未だに(こんだけ導かれながらも未だに)自分のことありのまま信じることなんて出来ないよ。
だけど、こんな人達に出会えたわたしはすごくラッキーだと思える。
こんな自分が自分で生きてるのは、嬉しい。生きつつ、生かされてるって気がしてならないよ。
そんな素敵な人達に一気に出会っちゃったもんだから別れるときは正直、すーーーごく寂しかった。自分でもびっくりするくらいに。
泣いてる隣でアキラさんがのんきに「さよなら〜なんていらな〜い〜」とか歌うから、悔しいけど、余計に泣けてきた。
でも本当だね。さよならじゃなくて、またいつか、だね。
また、いつか会おうね、ソウルメイトたち。
みんなが帰ってから落ち込んでる暇も無いくらいにすばらしい出会いに恵まれたよ。
あぁ、こうして旅は続いて行くんだなって、しみじみ思った。
みんな別れ別れになって一人になっても一人一人が自分の旅を続けていくのね。
そしてまた、出会いが繰り返されていくんだね。
一緒に旅したみんな、アイヌモシリで出会ってともに過ごしたみんな、親切にしてくれた農場のおっちゃんたち、この夏出会ってくれたすべての人に、心からありがとう、だよ。
心からイアイライケレ。
ミッチー
最高の旅をありがとう。
たった1週間の間に、出会いと別れを繰り返して、
大切なものをたくさんもらって帰ってきました。
みんな ほんとうにあたたかくて、
魂の家族だったね。
ライブもアイヌモシリも、
みんなと過ごしたすべての瞬間が宝物だよ。
この旅の中で何かが開いたみたい。
東京に戻ってからも、今まで以上に毎日が楽しいよ!
ほんとうにありがとう。
モト
今回の旅、本当にいい旅でした。
違うバックボーンを抱えた人たちの様々な思いがある瞬間
一つになったような優しい時間と空間を、
みんなとシェア出来た事がなにより嬉しいです。
札幌スタッフ、バンドメンバー、そして、今回の旅を共にした同士に
心よりの感謝を
ジュンジュン
色々本当にありがとうね。まだ開きっぱなしざんす。
連れて行ってくれたこととても感謝しています
「ONSENS LIVE」、本当熱くて長い一日でした。
まず朝の九時にあけぼの開明舎(といっても去年まで小学校だったから、なんだか不思議な空間だった)に集合から始まり、本当に熱い(締め切りの音楽室で、或る人は室温43度!って言ってた)ライブが終わったのが夜の九時だから・・・。
僕は「写真を撮ってくれ」と頼まれたので、荷物運びも手伝いながら、デジカメをぱちぱち撮っていた。ただし画質を良くしてあるのでHPでは、残念ながら紹介できませんが。
とにかく廃校になった元小学校の音楽室というのがライブ会場で、まるでさっきまで生徒達がいたような生々しさがあって、「学校の怪談」の舞台のような気味の悪さもあった。あちこちに卒業生達の記念パネルが飾ってあり、学校消滅への無念がみなぎっていた。 それもAKIRA率いるONSENSの演奏会場としては相応しいとも言えるのかもしれない。
僕はほんとに久しぶりにライブ会場の設営から開演まで手伝って、どれだけの皆の努力が支えているのかを思い知った。
ボブ・マーリイも「気違いじみた練習振り」で有名なのだが、ONSENSの場合も呆れるほど丁寧かつ執念深いものだった。機材のセッティングから、各パートの音出しと調整から、曲のパート毎の練習から通しのゲネプロまで、ほんとに舐めるように音を仕上げていた。本当にご苦労様です、と思う。
それも音を出した途端に管理人から、音楽室の窓も廊下側の扉も「開けるな!」と横暴な言い方で指示されたもんだから、灼熱の太陽が照りつける中、締め切った部屋の中で汗をだらだら掻きながらの作業だから、可哀想だった。特にパーカッションのYAOさんとRIEさんはサウナの中の肉体労働を一生忘れることはないだろう。
 そして遠く福岡から飛行機で、ONSENSを聴きにきた男の子や、東京からバイクできた女性と話をする。彼が言うには「熊本」からきた人もいたらしいのだが、仙台の女の子もいたし、どれだけAKIRAさんが皆を惹き付けているのかを知った。
そして社会問題にまでなっている「引きこもりの人々」との接点をも知る。今回特に思ったのは、AKIRAさんが「引きこもり」の人々にどれだけ慕われたいるのかということだった。
彼の歌「リストカッター」で自殺を思いとどまったり、皆が熱狂した「旅立ちの歌」で(一度は諦めた)人生の再挑戦を決意したり、彼の「ハッピー・バースディ」で人生を、おそらく生まれて初めて、いとおしく感じたりしているようだ。
僕はそういう光景を目の当たりにして、彼が新しい潮流を生み出していることを実感した。詳しくは友人の「HIMALAYA BOOKS」でのライブレポートを読んでください。
 ボブ・マーリイは世界中で公演することで「ラスタファリ」の種を蒔いていったし、弘法大師も同じく日本中を旅して仏教の種を遥か昔に蒔いていった。時々そういう人が現われるのだ。そしてAKIRAさんはONSENSという楽団と旅をしながら、閉塞状態にある日本人の病んだ心を癒す旅を続けていくのだろう。
 そんなことを実感する一日でした。彼が札幌に残したものは、これから開花していくことだろう。幸せな一日でした。
 火のように熱いライブを終えて、皆より先に家路を辿った僕の頭上に少し欠けた黄色の月が輝いていた。僕は最寄の駅の琴似を降りると、最近気に入っている居酒屋「故郷」で、ライブの成功を祝って、一人で乾杯したのだった。
おめでとうAKIRAさん。素晴らしい音と言葉の世界をありがとう。
札幌日記より転載)
トム
そういち所長の縁でAKIRAさんたちに出会うことができました!!
札幌ライブで感動をありがとうございました。この先もおっかけていきます。
AKIRAさんの優しさに感動しました。どこからAKIRAさんの優しさやパワーが出てくるのか、サイト拝見していきます。CDとDVD買って、お金無くなったので、本買えなかったですけど、本買います!!
AKIRAさんみたいな優しい人に少しでもなれたらいいなと思ってがんばります。
僕やる気失ってたところあるんですけど、AKIRAさんにパワーをもらいました。
もらってばかりじゃ、ダメなので、AKIRAさんみたいにパワーを与えられる人に
なれたらなと思っています。今DVD観てます。遠慮しちゃったけど、今度絶対お会いして全部のCDにサインしてもらいます。

すばらしい出会いがありました。女性のファンの方に話しかけられました^^
本州から来たと聞いてびっくりしました^^
しばらく話させていただいて。AKIRAさんのライブはAKIRAさんたちと出会えるだ
けじゃないんですね^^
仁美
今日の札幌ライブ、すっーごーく楽しかったです!
はじめて聞いたのですが、とても感動しました!!
とてもハートに響く歌でした。
「なぜ生まれてきたか」って
BORN TO LOVE!
まさにそうですね。すばらしいー!
旅立ちの歌も良かったです。
今年はまさに私の旅立ちの年なので、
よし、いくぞ、って勇気がわいてきました。
本当に札幌に来てくださってありがとうございます!!
写真も快くとってくださって嬉しかったです☆
これからの活躍を応援してます!
また是非札幌に来てください!聴きに行きます!
一緒に行った友達もかなりONSENS好きになったので。
さて、さっそく買ったCDきこうっと♪
見和
北海道から戻って2晩あけた今日、今あたしは沖縄市に来ています。
アキラさん、まずは本当に、ありがとうの言葉を。
きっかけを作ってくれてありがとう!
温かく迎えてくれてありがとう!
素敵な歌をありがとう!
素敵な時間をありがとう!
素敵な仲間をありがとう!!!!
あたしね、本当に自分の心にいろんな事感じた5日間だった。
まるでジェットコースターのように。
見たくないものに目をそむけ、でも逃げる事が出来ずに向かい合った瞬間、見えなかったものまで見えてきた。
弱い自分と強い自分が見えた。
で、そんなちっぽけでも自分が好きで、今こうして生きている事に深く深く感謝した。
タクシーでのりちゃんと二人、手をつないでしばらく泣いてた。
あったかーい、感動の涙ね。そしてまさに音泉=温泉、活力が出てきた。
ONSENSに恋した、自分に恋した、熱い厚い夏だった!
アイヌモシリも良かったねー。
初日きつくて、翌日昼過ぎ、やっとすっかり晴れ上がった私の心の前に、レラさんあらわれた!っていうか、呼ばれたんだね、だってふらっと立ち寄って、あたしレラさんに会って、それがレラさんだと気づかなかったんだもの、、。
ハハ、レラさんもまだまだだわヨ!と言ってやったわよ!(笑)これから沖縄で何が起こるか!楽しみでもあり、不安でもあり。
COTTON100%読んでます。まったくアキラさんって不思議な人ね、そしてステキだわ。
せっかく本人に会えたのにうまく話せなかった自分もまたヨシとするか・・・。
のりりん
2日間短い間だったけど、ありがとうです。ラヴラヴ。
本生アキラは私の想像にぴったし。おちゃめで優しく大きくエロ かった(笑
本当に出会えてよかった(涙
夜、一緒に笑えた時間も一緒にお寿司食べた時間も永遠だったらよ いのにね。
なんて、望んじゃうから悲しくなっちゃうわクスン。

参加してたみんなは素直できれいで私にはとても眩しくまるで、夢 の世界にいるようで、ふと自分を思うと恥しい気持ちになっちゃった。
アキラさんはどんなに心に響く歌で言葉でそのままで美しいと言っ てくれても、私にはそれを受け止める美しさはありまぬ。
こんなこと言ったら嫌われるかもだけど、レラさんの雲を動かす話 も胡散臭って思ってました。そりゃ、信じたいけど、だったらもっと困ってる人のとこに行って例えば、新潟の地震の後とかにとか思ってて。
実際のレラさんは優しくや さしくやさしく、力強く声を聞いただけで、そばにいるだけで肩にのしかかる重いも のが取れた。『雲を動かせなくていいさ。だってあんな大きな雲が次に待ってるんだ もん』ってその場を立ち去ろうとした私の腕をガシって握って『諦めちゃダメ!』ってまるで、私の心の弱さを読まれたようで。こんな私でごめんなさい。
実際、雲は晴れ、後もきれいな満月が(涙
100%信じることができず100%受け入れることができず、100%飛び 込めない私でも信じたい何かがあったから強行日程でも行ってみてよかったあ(泣
私みたいな強欲がいる限り地球は泣いてるでしょうよ。ごめん。
こんな、私でもみんなの優しさに触れることできてよかった。私も 生まれ変われる日がハッピーバースディが来るような気になれてよかったです。
アキラさん。マジでありがとう。
アキラさんがいてくれたからこんな気持ちになれました。アキラさ んのお母さんとお父さんに感謝!!!
福岡ライヴはよーちゃん手伝えないって。。。
でも、何か、やりたいな。うん。やろー。
また、アキラさんにもたけちゃんにも会いたいし。
みんなに会いたいし。。。
みんな大好き!!!!!!!!!
規加
規加です!
今、自分の部屋に戻ってきたよ。
楽しかったね〜♪
AKIRAサンに繋がる、AKIRAサンから繋がる、すべてのことが楽しくてうれしくてしょうがない毎日だったよ!
そしてこれからは規加と繋がるすべてのことが楽しくなる気がして、もぉワクワクしてるよ♪
「私の夏が終わっちゃった…(._.)」なんて思うヒマ無し!
ごめんなさい。ONSENS、全く知りませんでした。
田中そういちさんの彼女に誘われLIVEに参加しました。
30過ぎから7年程まともに生きていなくて、記憶がほとんどありませんでした。リストカットの未遂、薬物依存「今も時々、やっちゃいますけどね」
自分が生きて行くのが精一杯の数年でした。
でも、子供の為、フンバリました。
去年、仕事も辞め、先月から軽い時間帯にかえゆとりを持ちながら、過ごしてます。
子供は私の宝だから、出来事を出来る時にと思って選択しました。
今だけかも知れないけど、それでも良いんです。
将来自分の選択は間違っていなかったと思いたい。エゴかも知れないけど。
二風谷には仕事で行けなくて、残念でした。
今、普通に生きて行くのがとても大変な時代だから、札幌でも是非LIVEやって下さい。お願いします。
m(__)m
あと、RYUさん、ベースアドレスありがとうございました。今度は娘と行きたいです。
あの、サインをしてくれた服はずっーと残しておきます。また、来札時、お願いします。自分が生きている意味を確認するために、待ってます。
江里子
私はアイヌモシリ祭りに15、16と参加して、その後札幌に向かって、今は札幌市内です。メールをチェックしてなかったので、会う機会を見逃しました。
しかも、札幌でライブがあるのは知っていたのに、場所を調べることができなかったんです。
きっともっと行動すれば行けたのにいいいい。すごくおしいです。嗚呼。。。
昨日は、札幌市の廃校になった小学校でライブがあった
ネットでの出会いからこのライブに行く事になる
ONSENSという名のバンド
喫煙所が職員室にあったり
ライブ会場が音楽室だったり
素敵な雰囲気の会場で良い音楽が聴けた
真夏の夜の廃校になった音楽室
窓を締め切り
サウナのような会場
連れて行きたかった職場の面々も集い
まこちゃんが5枚もチケットを売ったりと
様々な思いを集め一夜限りの祭りが行われた
ライブ終了後、彼の書いた本を買い
サインをして貰い握手をして挨拶をする
AKIRAさんとは、お互いゆっくり話しをしたかったが
この人とは、何処かでまた会うなと思ったので別な機会に話をしようと思い家路に着く
なにせ、こちらは半病人だ
AKIRAさんには、似たような傷を感じ
似たような歩みを感じる
彼の歌を聞いて思った
魂は魂を知るって奴だと思う
おんなじ匂いがするのだ
そういちの平庵より転載)
この間のONSENSのライブ
結構、僕の周辺で大好評
もう一度、会いたい、聴きたい、呼びたい
そんな声が多い
先ほども何とか呼べないか?
などと電話が。。。
僕に言われてもなあ。。
しかし、ここまで喜んでもらうと。。。
実際、彼らの音楽や詩は職場のメンバーのや僕の魂にも届いた
彼らの喜んだ姿を見るとかなりのインパクトを感じる
僕の健康状態さえ良くなれば何か出来るとは思う
この間、アイヌアートプロジェクトの人たちにも嬉しい言葉を頂いたし
そのうち、イベントでも。。。
と日記には書いておこう
そういちの平庵より転載)
■お帰りなさい
もう一度見たい
また札幌でライブを!!
との声が多いです
また、是非お会いしたいですね
(天の邪鬼日記のコメントより転載)
ひろあき(魂)
■お疲れ様です!
札幌ライブ・アイヌモシリ本当にお疲れ様でした!
皆と出会えて本当に良かったです!
思えばAKIRAさんにCD買おうとしてメールして「ライブ手伝って」って言ってもらえたおかげ!本当に楽しい時間を過ごせました!
プレゼント大事にしてくださいねw
(天の邪鬼日記のコメントより転載)
中川勝利
■ライブありがとう!!
また札幌来てください。僕自身毎日いっぱいいっぱいの生活ですが、またAKIRAさんの生の歌声聴きたいし、それまでは、買ったCDで我慢します。また絶対再会できるとかたくかたく信じています!!
(天の邪鬼日記のコメントより転載)
■ありがとうございます
ライブを見に行って本当によかったって思います。
ライブが終わっても
まだドキドキしてます!本当に色んなものをたくさんもらいました!
ほんとにありがとうございました!
(天の邪鬼日記のコメントより転載)
トム
■はじ
AKIRAさんのライブを僕たちも観ました。CDにサインしてもらいました。
僕は心病む精神障害者です。AKIRAさんやスタッフさんたちの優しさに感動して一番最初に握手求めた者です。ONSENSに力をもらいました!!
いまここからのコメントより転載)
■はじめまして
トムさんへ
AKIRAさんのライブで私トムさんを見ましたよ!
私もサインもらいました。すごいうれしかったです。
ONSENSそして、スタッフの方々本当にあたたかかったですよね。
今不安になっている事とかも忘れてしまうくらい。力をもらいました。
そして、何かが変わった気がします。
トムさんもすごいたくさん力をもらったんですね。本当にいいライブでしたね!また是非ブログも観にきてください☆ありがとうございます
いまここからのコメントより転載)
■おかえりなさい♪
めいっぱい楽しんで、おかえりなさい♪ みんな忘れられない夏になったのでしょうね。もちろん、私にとっても。
ハルカちゃん、足はすっかりいいのかな? 北海道では、ハルカちゃんの溢れるエネルギーで癒された人がいるのですね。よかった〜。
(天の邪鬼日記のコメントより転載)
ウツサ
■みんなすごい!
ハルカちゃん、すっごいですね!ハルカちゃんのストーリーは読んでいるだけで、感動の嵐で、ドキドキ!ハイになりました!やっぱり、人は、エンパワーしてくれる人がそばにいれば、どんどん変化する力をもってるんだ!って!!
 生きるのが苦しいある人が、変わりたいと思った。ある人のサポートをいっぱいいっぱいうけて、エイズのキャリアだったその人の体から、エイズが消え去った。人は、細胞レベルで変化できるんだ。そんな話もつい何日か前にとびこんできた。
人って、すごい!!
 
 どんな傷をかかえていても、どんなにかっこわるくても、どんなに貧乏でも、どんなワルでも、君はそのままで美しい。
アキラさんのお言葉、ほんとうにすごい!!みーんな、みんな、だれかにそう言ってもらいたいんだよね。
ONSENSの曲、アキラさんのこと、ハルカちゃんのこと、みーんなのこと、友人達にしらせます!あの人の顔、この人の顔、知らせたい人がうかんできて、もうーハイテンショーン!です。
(天の邪鬼日記のコメントより転載)
札幌に戻ってからはONSENSのライブの手伝いをしていた、チケット売ったりチラシ配ったり、そしてライブほ本当にすごかった。
AKIRAさんの唄もすごく良かった、YAOさんとRIEさんも本当にすごかった!
そして出会った人全員がとても素敵な人たちで本当に本当に気持ちよかった。
愛の中にいることを感じていた、そして感謝と喜びの中で皆といられた。
ライブの翌日からはアイヌモシリ1万年祭に行った、ゆるゆると素敵な時間を過ごしてきました。
本当に良かった!
これからもう少し休んだら本腰入れて動き出そうと思う。
一歩ずつしっかりと歩んでいこうと思う。
目標を実現するためにも…。
皆が幸せにいられますように。
(心のままに生きたいより転載)
信也(音響)
北海道ツアー@
テーマ:ブログ
行ってきました北海道!初上陸です。
8・14 午後6時サッカーの公式戦に負けたおれは愛車を転がし下山して荷造り。
最寄駅に送ってもらいJRと東武を乗り継いで2時間かけて日光へ
一週間のONSENS北海道ツアーの始まりだ!
まずはAKIRA邸でクルーの顔合わせ&前祝の宴会、色んな酒や体によくてうまいものばっかり卓に並ぶ。
東京ライブ以来のメンツがかなりいる。パーカッションのりえちゃん、物販隊長みちこちゃん、高知ライブ企画隊長こずえちゃん、名古屋ライブ企画隊長ミホ、ギャグ隊長のじゅんじゅん、エロ隊長ようこちゃん、今夏ヒロインはるか、AKIRAさん、たけちゃんここまでがツアー第一班
さらに撮影隊長鈴木くん、アッキー、ゆみちゃんらのVW車LUPO第二班
みんなでこたつを囲み自己紹介。ライブや宴会の度にやるので慣れた。
実はその日の試合でスリーバックの真中という不慣れなポジションをやったこともあって、古傷の左手首を痛めていた。かなり痛くて左手では荷物が持てず、ペットボトルの蓋も開けるのがやっとだった。
ツアーには行かないけど日光からみんなを元気に送り出すというまゆみさんにシュタイナー・マッサージを施してもらう。フェリー船内ではまゆみさんから直伝されたはるかにみんな癒されていた。はるかの手は太陽の手次にラベンダーの上から整体士のじゅんじゅんにテーピングを。今回のキャラバンは医療班が充実している。
そのまま酔いつぶれて次の日へ・・・おやすみ

北海道ツアーA
テーマ:ブログ
8・15 9時?AKIRA邸
こたつ周辺で起きる。なんか体がボロボロ 左手首はいつものことだと油断していた。
たけちゃんはいつもの寝坊。まぁいいさ、たけちゃんのねぼうくらいたけちゃん自作の計算済みのタイムテーブルだ まぁいいさ
第二班を残し音泉スタジオにて手持ち機材を搬出。てこずる まぁいいさ
そんなこんなでジャンケンで車二台に乗り分け 一路、新潟港へ!ではなく福島県喜多方へ
おれはりえちゃん車の助手席へ乗り込む。
途中サービスエリアにて運転を代わるNOAHで山道を走るのは単純に楽しかった
車内の会話はなぜかいっさい記憶に無い。
そして見つけました超有名らーめん店  まこと食堂!
さすが15時という中途半端な時間でも店の外まで列が出来ているではないか!
しかも外の仮設テントの売り子さんがかわいいではないか!
まこと食堂の実娘であろうと思われる店員さんもかわいいではないか!
「米どころは美人が多いのよねぇ」とたけちゃんが教えてくれた
クルー女性陣にひかれるくらいハシャいでしまった・・・ まぁいいさ
俺が頼んだのは醤油らーめん大盛り。もちろんうまい 普通さがたまらん
基本大音量クルーの車座からはラーメンをすする音しか聞こえてこない
そして満腹になって外に出ると雨が本降りになっていた
走って車を取りに行きみんなを車の中で待つ間 食欲が満たされて一分の睡眠 夢を見た
新潟に着いて 市街で買出し&いせえび寿しの夕食のはずが、フェリーの受付に間に合わない可能性が出てきたので いせえびはおあずけ
どうしてもあきらめきれないおれとじゅんじゅんは・・・ まぁよくねぇ!
大量の買出しを終え、急いで新潟港へ
そこでyaoさん、なおちゃんと合流し船内へ フェリーは想像以上に豪華絢爛。風呂があったり、ジャグジーがあったり、とにかく始めてのフェリーは心躍るものだった。
高知のジュンくん、長岡のゆうくんを加えてみんなで大宴会。(様子はご想像にお任せします)
宴が進むにつれてクルーが続々と船室へ眠りにいく中、出会いがあった。フェリーでのアルバイト連中と杯を交わすことになる。
そしてその時はやってきた。一通り身の上話も出尽くし、酒も尽きてきたころ、ふと窓の外に目をやると今まで漆黒を貫いていた空がうっすら光を漏らしていた。
夜が終わる。海の上から見上げるそらのグラデイション、世界にある全ての色が絶えず移り変わっていく様子を眺める。
それからの一時間半は肌寒いデッキでひたすら「きれい」「すげえ」「やばい」の応酬
昨日と今日のハザマ、夜と朝のハザマ、闇と光のハザマで、しまいにはyaoさんと抱き合った。
船室に戻ってからも興奮が続き、眠っているみんなを起こして朝日を拝ませるという迷惑行為もやってのけた。そしてドロのように眠った・・・生まれたばかりの太陽におやすみ
Natty Islandより転載)
あっというまの9日間。
楽しかった、辛かった、苦しかった。
21日、新潟のなをちゃんの実家の近くのケーキ屋さんで誕生日ケーキを購入、
日光の音泉スタジオで誕生祝をしてくれた。
ケーキには『ようこ』の文字が。
何年ぶりだろう、すごく嬉しかった。
船の中でも『HAPPY BIRTHDAY』歌ってもらったな。
最高の誕生日だった。
ありがとう。
ありがとう。
いろんなことがあったけど、行ってよかった。
楽しいばかりじゃなくてよかった。
苦しくてよかった。
のりりん、じゅんじゅん、ごめんね。
愛してるよ。
モトが一緒でよかったよ。
話を聞いてくれてありがとう。
感謝してる。
出会ったみんなありがとう。
タケちゃん、大好きだよ。
akiraさん、プレゼントありがとう。
そして何より、この旅をありがとう。抽象的でごめんね。
でも今はこれが精一杯。
パンダ的日常より転載)
 8時間半前
 久しぶりに、おっはようございます!!
現在、北海道の学生エリちゃん宅です。
そう、本日18時半からオンセンズ 札幌ライブ。
13日、高知駅で一人花火を見、夜行バスで新宿へ。
14日7時新宿駅着。日光へ。
日光到着後、一人東照宮観光。スコットランドはエジンバラの古都、ジャワ島のプラバナン遺跡とボロブドゥ―ル遺跡についで、4つめの世界遺産制覇!! おはらいを受ける。
17時アキラ宅にて販売用DVDやCDのパッキング。
15日午前中アキラさん宅にてセージの葉を燃やしアイヌの儀式を受け、旅の安全を祈願。新潟港に向け出発。23時50分、フェリー乗船。
16日17時、北海道着。札幌ライブ主催者メンバー、ミカちゃん宅で宴会。
そして今。
このライブにかける涙も見た。
引きこもり、自殺未遂者、いろんな人が集まって、それぞれ物語があって。
アキラさんが言った。
「ずっと旅をするといいよ。たった一人でね」
風を受けながら走る船から、流れる海を見ながら、私はそういう人種だろうなと、なんとなく思った。
オンセンズ楽器担当、タケちゃんが山登りの話を始めた。
「道のないところを行くのが好きでさ。俺の前に道はない、俺の後に道はできる、なんてね。
川の源流を探して登るの。最初の一滴が流れ出る場所をまたげるまで」
ああ、私のオンセンズティーシャツに書かれた文字、そういう意味なんだ。ギャグじゃないんだ。
ものすごい想いなんだね。
さあ、今夜のライブまであと八時間半。実はオンセンズライブ、初めてなんだよね〜。
今から売り物の焼きそば作りだ。
明日はアイヌモシリ一万年祭。
電波さえ届かない自由な場所。
頑張りすぎず 楽しみ過ぎて
35より転載)
いや札幌ONSENSツアーね、
イワセ仕事あったし途中で帰ってきたのね。
そしたら帰った後にモシリでライブまたやって
ソレが相当良かったらしくて!
キイイ〜!!
くやちい〜!!!!
何かも〜ホント、ONSENSのライブを全部見たいが為にも
(もちろんバーニングマン行ったりもっと小旅行とかする為にも)
休みが自由にとれるフリーの仕事とかに変わりたいぜ。
つーか、うん。もう決めた。遠くない将来、そう変わる。
変わるぜ。
もっともっと自由になるんだ。
より転載)
※削除を希望の方はメールください。

music contents
「HOME」