ケチャップ


SWITCH別冊paperbackに連載

お求めはお近くの書店、またはスイッチ・パブリッシングへ。電話03−5443−4170(代表)03−5443−5529(販売部)。

 好評連載中のジャンク小説「チャップ」はまたもやトンデモない展開に!
 いったいこの先どうなるんだろ?
 作者でもわからんほど、おもしろいよ。誘拐された凛を追いかけるスプ−キーとエッグは引き裂かれ、3人ともとんでもない運命に巻き込まれていく。
クレージーでせつない愛をスピード感あふれるタッチで描きだす。
感想集

ぜひぜひ掲示板やメールで感想をお寄せください。

仁美
それとはっきし言って「ケチャップ」はもう高です!!!
うまく表現出来ないけど、スピード感とそれと安心感、幸福感、悲壮感・・・全てが入り交じって、それでも読んだ後は、スッキリして・・・。ロードムービー!!!そんな感じでした。何もかもが反対で、それでいて真正面で・・・って何が言いたいのかホント解らなくてすみません。〈謝〉
兎に角、凛の葛藤のシーン、鳥肌モノでした。母が我が子に手首を切って血を飲ませる。真夜中の空に虹が架かった。「流れ込む血液が心臓の形をした空洞をふさいでくれる」「穴の中にはひび割れた卵を抱いてた男が眠っている」「子宮から生まれ落ちるときが来た」って表現、好きです。
早く、第2部が読みたいです!!!
中西

今回もやっぱりケチャップ白かったです!
貧血で会社休んだ日に、一気に読んじゃいました。
またもや気になるキャラ登場だし、エッグがいじらしかったし。
あのキャラが生まれてくるAKIRAさんの脳の存在自体が素敵!だと思いました。
あ、訳わからん日本語ですね・・すみません。
仁美

「ケチャップ」は読みましたよー。スピード感は相変わらずで、読んでいてキドキワクワク。読み終えた後は無性に大好きなTOM WAITSの「I DON’T WANNA GROW UP」を聴きたくなりました。私としては、これはマスターの唄だと思うのですが。〈笑〉 今度、唄って下さいね〜。
高橋五月

先日、『paperback vol.3』の「ケチャップ」を読みました。
今回もすばらしくおもしろかったです。
レイジーなのに愛にあふれていて、
読むスピードも、ギュインギュイン上がっていきました。
次号では休載されるんでしょうか?
すんごく楽しみにしているんですが。

注文

web上での注文はいろんなのがあるけど、アマゾンコムは国内送料無料です。
カードでも代金引き換えでもOKです。

まえの著作「アジアントランス出神」にジャンプする
つぎの著作「風の子レラ」にジャンプする
HOME